本日より、価格を下げさせて頂きました。
以前と比べて商品により最大で50%オフ、
ほとんどの商品で40%オフ、
とさせて頂きました。
 
以前より、イベントの主催者様、エントラントの皆様、出版業界その他のギョーカイの方々より、
「バーナーよ、お前は少し値段設定が高すぎるんじゃないか」
とのお声を頂いておりましたが、
今年の1月より、仕入関係、社内コスト関係を見直して参りまして、
本日ようやくサイト上価格改定でき、皆様に還元させて頂ける環境が整いました。
 
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
 
また、コレも以前より一般のお客様よりお声の多かった
「バーナーから、プリント写真じゃなくて写真のデータで購入ってできないんですか?」
というお問い合わせ。
こちらにつきましても本日より3種類のサイズでデータ購入できるようになりましたので、
ご興味のある方は是非ご利用くださいませ。

by | Categories: インフォメーション | コメントは受け付けていません。

4/29に近畿スポーツランドにて行われました、
「サテライトステージ&全日本カブ耐久第1戦GWスペシャル」
に参加されましたエントラントの皆様へ。
 
当日撮影の写真データは本来、
本日5/2迄にギャラリー生成するつもりでおりましたが、
弊社ミスにより遅れております。
写真データの入ったHDDを置き去りにし、
富士スピードウェイで行われたSuperGT第三戦へ担当者が向かってしまったためでして。。
 
写真データのセレクト作業自体は済んでおります。
あと30分くらいで担当者戻りますので、戻り次第すぐにサーバーへ写真データのアップロードを開始し、
5/3中にはギャラリー生成行いたく、
今暫くお待ち頂き、
楽しみにして頂けますでしょうか。

by | Categories: アマチュアイベント | コメントは受け付けていません。

皆様
 
日本帰国中の前原です。
 
バーナー・イメージズ内の各ギャラリーにはパスワードがかけられていて、
特にPROアイコンのついたレースイベント写真などは、
お仕事の目的で写真を利用する為に事前プロユーザー登録した人(主に出版社や広告代理店など業者さん)
しか見ることが出来ず、
ワタクシとしては近い将来、このパスワードを取っ払い、
全ての人がインターネット上で自由に当サイト内の写真を見られるようにしたいのですが、
(そうじゃないと、インターネット媒体であることのメリットを100%活かせないから)
まだバーナーに力が足らず、今はそこまで出来ない訳でありますが。。
 
今日は少しだけ中身をご紹介したいと思います。
 
例えば先日の北京モーターショウであれば
http://www.burner-images.com/index.cgi?d=C800_Event/C1_2010/REP_BMS%202010&mode=report
記事ページまではパスワードがなくても閲覧可能ですが、
パスワードでログインした状態にて「ギャラリーへ移動」というボタンを押すと、
 
←クリック拡大
 
このようなフォルダー一覧画面が出て参ります。
 
北京モーターショウでは全部で1776枚の写真がアップロードされているのですが、
その全てがなんの整理もない状態でただズラーッと並んでいても、選ぶ方は、
「コレどうやって選んだらええねん。うーわ、めんどくさ。。」
ってなると思います。
ぜったい。
 
ですのでこうしてブース別(メーカー別)にフォルダーを分けて、
アップロードさせてもらっています。
 
これがレースイベントのギャラリーになると。
 
←クリック拡大
 
このように、金曜日練習走行、土曜日予選、日曜日決勝というように、
日にちごと、(最近のレースは不景気の影響で2Day開催が多いですけどね)
そして走行セッションごと(フリー走行とか、予選とか、決勝とか)
にフォルダー分けされ、写真が格納されております。
 
「土曜のGT300スーパーラップで起こったあのクラッシュシーンの写真が欲しい」
 
そういう場合に便利やと思います。
 
バーナーはまだ始まって一年足らずの新しいサイトですが、
デザインや使いやすさの点で進化を止めたらアカンと思っています。
技術面の課題や、開発コストの問題もありますので、
勿論その全てを実現できるわけではありませんが、
皆さん何か気づいたことや、「もっとこうした方がええんちゃう?」みたいな事がありましたら、
お問い合わせフォームより色々と教えてくださいませませ。

by | Categories: インフォメーション | コメントは受け付けていません。

バーナーで新型アイテムを導入しました。
と言っても機器自体は古く、もう新品では入手できませんけどね。
 
2010.04.30NikonBellowsPB-6
 
ニコンさんに御願いしても、
「もうウチにはありません」
との事でしたので、
あるスタジオカメラマンさんより譲って頂きました。
 
Nikon PB-6
Nikon PS-6
Nikon PB-6M
http://www.nikon-image.com/products/accessory/lens/close_up/
 
1986年発売開始。
 
http://d2xs.exblog.jp/8847689/
http://cadillac1958.at.webry.info/200805/article_2.html
 
市販のフラットベッドスキャナーはあまり性能が良くなく、
印刷所にあるようなドラムスキャナーがやはり良いのですが、
お値段の面でそれは勿論買えるわけもなく、
このベローズでフィルムをデジタルデータに変換して参ります。
 
以前にも少し告知致しましたが、
今年のバーナーはフィルム時代の古いレース写真もアップして行きますので、
どうかお楽しみに。

by | Categories: インフォメーション | コメントは受け付けていません。

京都府の宇治田原町にあるミニバイク専門サーキット、近畿スポーツランドへ、
サテライトステージ&全日本カブ耐久第1戦GWスペシャル
の撮影へ行って参りました。
 
2010.04.29Kinspo
 
山の緑が春色の若葉で大変綺麗でした。

by | Categories: アマチュアイベント | コメントは受け付けていません。

皆様、いつもバーナー・イメージズをご覧頂き誠に有難う御座います。
サービス開始からもうすぐ一年、
バーナー・イメージズでは皆様への感謝をこめて、
近日中に価格の全面改定(もちろん下げる方向で)を予定致しております。
 
「写真買おうかな」
と思っている方がいらっしゃいましたら。
あと1週間程度お待ち頂けますでしょうか。
 
勿論今の価格で買って頂けても嬉しいですが。。。
 
以上宜しくお願いいたします。

by | Categories: インフォメーション | コメントは受け付けていません。
この2日間で2550万元するこのブガッティ、2台のオーダーが入ったそうです。
2010.04.24BeijingMotorShow01
 
インフィニティのエッセンス。
2010.04.24BeijingMotorShow02
 
2010.04.24BeijingMotorShow03
ラインのエロいクルマでした。
 
ドカティも出展しており、聞いてみたところ、
上海のナンバーを取得した状態で納車可能なのだとか。
ビッグバイクはおろかガソリンバイクさえナンバー取得できないのが基本ですが、
昨年あたりからOKになってきているらしく、
ハーレーがこじ開けた道を、あとからドカが棚ぼた?でついてきたという構図のようです。
2010.04.24BeijingMotorShow04
 
ベルトーネのコンセプトカー。
コレもなんだかエロいクルマでした。
2010.04.24BeijingMotorShow05
 
サイドがフロントフェンダー部からガバァっと後ろまで開きます。
2010.04.24BeijingMotorShow06
 
これはガルウィング?と呼んで良いのでしょうか。
ドアの開閉デモを車両の後ろから見ていたらドアの開け閉めの最後のところで、
身をよじるように(実際はドアをよじるように)バタバタさせるのですが、
でっかい昆虫が羽をガチャガチャ畳んでいるようで、ちょっと生き物みたいでした。
2010.04.24BeijingMotorShow07
 
双環汽車というブースの白人モデルさん
2010.04.24BeijingMotorShow08
 
ターミネーターに出てくる子どものお母さん役の人に見えたし。。
2010.04.24BeijingMotorShow09
 
吉利(GEELY)のロンドンタクシー。
なかなかモダンで格好いいフロントマスクでした。
2010.04.24BeijingMotorShow10
 
ここから屋外ブースへ。
このボンネットトラック、かっこいかったです。
コレでトレーラー引っぱって走っていたら、街の景色が変わるだろうな。
2010.04.24BeijingMotorShow11
 
トヨタのタンドラと
2010.04.24BeijingMotorShow12
 
セコイア
2010.04.24BeijingMotorShow13
中国に入っているのですね。
幾らするんでしょうか。ちょっと欲しいかもです。
 
湖南大学にあるビークルボディの先進設計製造国家重点実験室が作ったという、
なんともへんてこなレイアウトで、
前一輪、中二輪、後ろ一輪という変わったバス。
2010.04.24BeijingMotorShow14
 
2010.04.24BeijingMotorShow15
運転席はなげやりなこんな感じ。
 
昨日のコラムで黄海汽車の旗勝V3が、群を抜いたコピーっぷりと記しましたが、
2010.04.24BeijingMotorShow16
 
2010.04.24BeijingMotorShow17
BYD(比亜迪)のM6も、負けず劣らずエスティマにクリソツでした。
 
明日は上海へ戻ります。
by | Categories: EVENT | コメントは受け付けていません。
北京モーターショウプレスデイ一日目
 
2010.04.23BeijingMotorShow01
 
黄海汽車の旗勝V3
2010.04.23BeijingMotorShow02
 
2010.04.23BeijingMotorShow03
 
2010.04.23BeijingMotorShow04
レクサスRXにクリソツ。
多々あるコピー車の中でも群を抜いたコピーっぷりだった。
 
2010.04.23BeijingMotorShow05
 
紅旗の新型。とにかくバカでかかった。
そのでかさはフルサイズのロールスロイスなどが小さく霞むほどで、
写真で見ても人が横に立っていないので分かりにくいと思いますが、
全高172cmと言えばなんとなくそのでかさを想像して頂けるでしょうか。
2009年10月の建国60周年軍事パレードにはHQ3に乗った胡錦涛国家主席が
天安門前にズラーっと並んだ大勢の兵隊やミサイル発射台の横を
「同志メーン!ニーハーオー!」
って言いながらパレードしているのをテレビで見て「なんかスゲェ」と思った。
2010.04.23BeijingMotorShow06
 
2010.04.23BeijingMotorShow07
このCA7600Lはそんな紅旗の最新型リムジン。
とにかくホントにでかくて、独特の威圧感があった。
 
中興汽車のブース。
中国のテレビをたまに見ると、軍服を着た歌手が声高らかに歌っている番組をみかけるが、
白い軍服を着たオジサンとオバサンがピックアップトラックの荷台で大音量と共に歌い上げていた。
周りのクルマにはタンクトップに迷彩ズボンをはいた男女が、
微動だにせず遠くの一点を細目で眺めながらカッコをつけ歌手をサポートする。
写真はオジサン歌手のもう一人が、記念写真を撮っているところ。。。
2010.04.23BeijingMotorShow08
  
2010.04.23BeijingMotorShow09
さながら中国の田舎のダサイカラオケ大会のようで、
見ていて思わず「ダッセェ。。」と吐き捨てたくなるほど群を抜いてダサイブースだった。
このセンスは一体何なんだ。
 
トヨタのFT-86コンセプト。
わたしは初めて実車を見たのですが、思っていたよりコンパクトでなかなか良いなと思いました。
2010.04.23BeijingMotorShow10
 
ダサかったりコピーばっかりじゃなくて、
CHERRYのQQmeは、デザインもカラーリングも格好いいなと思いました。
2010.04.23BeijingMotorShow11
 
2010.04.23BeijingMotorShow12
 
2010.04.23BeijingMotorShow13
 
2010.04.23BeijingMotorShow14
 
2010.04.23BeijingMotorShow15
なかなか良い空気感を纏っていました。
by | Categories: EVENT | コメントは受け付けていません。

ブースはまだ施工中。
 

 
明日からはプレスデイです。

by | Categories: EVENT | コメントは受け付けていません。

今週から開催される北京モーターショウ2010に行ってこようと思います。
 
2010 BEIJING INTERNATIONAL AUTOMOTIVE EXHIBITION
 
その中から、眉唾物ながらも「コレはチョット面白いかも」と思ったのが
上海汽車(SAIC)の「葉子」というコンセプトカー。
※ヨウコじゃなくてイェズと読みます。。葉っぱっていう意味です。
 

 
・屋根はソーラーパネルになっていて
・車輪についた風車は、走行風で発電をし
・特殊な素材で出来たボディパネルは二酸化炭素と水で光合成をし、電気と酸素を生み出すという、
「ホンマかいな上海汽車はん」
な内容となっております。
 
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
 
あとワタクシ的にちょっと注目したいのが、
レーシングカー・コンストラクター、あの童夢が北京モーターショウに出展
するらしいのです。
 
クルマの方じゃなくて、どちらかというと、
ドライ・カーボンで作ったという「Ocean Fry」っていう折りたたみ式のボートが気になります。
 
他にも面白ネタがあって時間があれば、
現地からこのブログも更新しようと思います。

by | Categories: EVENT | コメントは受け付けていません。