バーナー・イメージズで掲載する写真の総枚数が500000カットを超えました。

by | Categories: インフォメーション | コメントは受け付けていません。

バーナーで掲載するレースイベント総数が500を超えました。

by | Categories: インフォメーション | コメントは受け付けていません。
2010年シーズンのDTMは、
最終戦上海でゲイリー・パフェットが優勝し、
2位に入ったポール・ディ・レスタが年間チャンピオンに輝いて幕を閉じた。
  
  
2010.12.02DTM01ポール・ディ・レスタ
  
ドイツ側(DTM)と中国側プロモーターの合作で行われた今回のレースイベント。
中国側の経験不足がそこかしこで見られた。
  
例えば、
初日の金曜早朝、現場について駐車場の場所を聞いても「分かりません」
メディアセンターはオープン予定時間を大幅に過ぎても開いておらず、
ピットレーン内に於ける撮影規制について尋ねてみても「何ですかそれ?」
このパスで入れるはずのエリアに行こうとしたら制服の保安員に止められ、
セッション中にも関わらず、そっちのけでトランプゲームで興じるマーシャル達、
そのせいかスケジュールは三日間とも全て遅れっぱなしで、
スケジュール表がアテにならず撮影計画が立てづらい。。。
  
例をあげだしたらキリがないが、まぁそこはチャイナ。
仕方がないと諦めるしかない。
  
正しい場所と時間と情報を、常に自分自身の目と耳と経験と感覚で探し続ける。
そんなサバイバルのような三日間だった。
お陰でどっぷりと疲れた。
  
でもみんな基本的にはやる気と愛に満ちあふれていて、
市街地レースイベント全体としては成功だったんじゃないかと思った。
  
また来年が楽しみです。
  
————————————————————————————-
  
  
日曜の決勝レース前、ピットやパドックで写真を撮っていて、
その後いったんイベントブースへ移動した。
  
さぁそろそろ決勝レースのグリッドにマシンが並び始めるぞという頃。
一脚に長玉(望遠レンズ)とカメラボディをつけてそれを肩に担ぎ、
ある企業のイベントブースを立って見ていた。
  
すると背後で
  
「ゴ ぐわしゃぁっ」
  
という音がして、
振り返ってみたら今年導入したばかりのNikonD3Sが、
レンズから外れてコンクリート地面の上に落ちていた。。
  
2010.12.02DTM02
  
  
2010.12.02DTM03
堅牢なプロ機仕様マグネシウム合金ボディがかち割れております。。
  
  
ボディ下部はかち割れ、
メインミラーとサブミラーとオートフォーカスのユニットが、マウントの中で横にかたいでいた。。
  
なんとか電源は入り、シャッターも切れはしたが、
こんな状態ではもちろんオートフォーカスなど合うわけもなくボケボケの写真に。
  
D2Xとの2カメラ態勢で臨んでいたため、残りの撮影はそちらで行いましたが、
今年は何だか不運なことが多い。。
  
※カメラはその後ニコン上海さんへ持ち込み、
 壊れた部品の全交換と全機能チェックをかけて頂き、
 どうやら事なきを得られそうであります。
by | Categories: プロイベント | コメントは受け付けていません。
きょう主催者側から最終確定マップがとどいた。


←クリック拡大
  
そしてコースの場所は大体このあたり。
  
http://ditu.google.cn/maps?hl=zh-cn&ie=UTF8&hq=&hnear=%E4%B8%8A%E6%B5%B7%E5%B8%82&ll=31.220564,121.544666&spn=0.009083,0.012832&t=h&z=16&brcurrent=3,0x35b2773b96bb203f:0xdb91a3417ffe9208,1,0x35ad8c73cd3952c7:0xbb190e9364c4e592%3B5,0,1
  
  
ピットレーン内に於ける撮影規制について、
中国側のメディア対応担当に電話で問い合わせたら、
「んー、わたし良くわからないアル」
と言われた。
  
開催二日前なのに分からないって。。。
  
さすがチャイナ。

by | Categories: プロイベント | コメントは受け付けていません。

2010 DTM 最終戦 上海

11月 15, 2010
来週末DTMが上海にやってきます。
  
2010.11.15DTM01
  
今日はコースの下見をして参りました。
  
2010.11.15DTM02
  
浦東地区の市街地コースです。
  
http://www.dtm.com.cn/
  
http://www.dtm.com/
by | Categories: プロイベント | コメントは受け付けていません。

皆様

ヤフーメールをご利用のお客様から、
「商品を購入したのですがバーナーからメールが来ません」
というお問い合わせが最近幾つか御座いました。

バーナーから送信されたメールが、
Yahooの迷惑メール仕分け機能によって迷惑メールフォルダに振り分けられている可能性も御座いますので、
お心当たりのある方は一度迷惑メールフォルダを確認されてみてください。

by | Categories: インフォメーション | コメントは受け付けていません。

バーナーで掲載するレースイベント総数が300を超えました。

ほぼ1年間でこの数字を達成しました。
つぎは目指せ500イベント!!

by | Categories: インフォメーション | コメントは受け付けていません。

皆様

メールの、迷惑メール振り分け(削除)機能などによって、
商品を購入したにもかかわらず、
「バーナーから連絡がこないんですけど、どうなってんの!!(ぷんぷん)」
という事例が最近御座いました。

Hotmail、YahooMail、Gmailなどのフリーメールは勿論ですが、
アウトルックなど、メーラー自体にも迷惑メールを識別する機能が搭載されていたりしますので、
そちらもあわせてご注意くださいませ。

写真をデータダウンロード方式でご注文頂けた方には、
写真データのダウンロード可能なURLと共に、
メールにてご購入者様へメールさせて頂いておりますが、
最近あった事例と致しましては。

①商品をご購入頂き、弊社メールアドレスよりメールを自動送信させて頂く
②2日くらいしてお客様より、「連絡こないんですけど!!」とメールにてご連絡を頂く
③弊社アドレスより今一度メールを送信させて頂く。(先方使用フリーメールアドレスの迷惑メール機能の部分にも触れつつ)
④1日たって「連絡こないんですけど!!!」と再度メールにてご連絡頂く。
⑤弊社アドレスより今一度メールを送信させて頂く。(三度目送信)
⑥あわせて、上記⑤に加えて問題回避できる事を期待し、弊社用Gmailアドレスからも送信させて頂く(四度目送信)

ちなみにですが、
商品を購入する際に、個人情報を記入する欄があるのですが、
このお客様は電話番号の入力欄に「 0 (ゼロ)」と入力されておりましたので、
こちらからこの事実状態をお伝えする為にお電話させて頂く事もできず。。。

明日は、イベントの主催者様へお電話させて頂き、
「以前のエントラントの方で商品をご購入頂き、いまこういう問題の状態にあるのですけど。。」
とご相談させて頂く予定です。。

皆様、ご注意ください。。

※神戸のM様。YahooMailの迷惑メール振り分け機能によって弊社からのメールが振り分けられてはおりませんでしょうか?本ブログをご覧になられておりましたら、一度ご確認くださいませ。

by | Categories: インフォメーション | コメントは受け付けていません。

25万枚超えました

5月 20, 2010

バーナー開設から一年弱、
2010.05.20Burner

お陰様で写真の総枚数が25万枚を超えました。

次の目標は50万枚!!

by | Categories: インフォメーション | コメントは受け付けていません。

ニコン名古屋サービスセンターへ行って参りました。

デジタル一眼レフのコンセプトモデルが飾ってありました。

2010.05.06Nikon01

「Steinway & Sons のピアノの様な風格を持った使い込まれた高級品の様なデザインを目指し、
光沢を活かす造形を行った。」

2010.05.06Nikon02

確かにピアノブラックのボディは新鮮味があってちょっと格好良かったです。

2010.05.06Nikon03

そしてもう一台の方は。

2010.05.06Nikon04

「アストンマーチンのようなさりげない高級感と存在感をカラーとスタイリングで表現した。」

2010.05.06Nikon05

スクエアなデザインが安定感を示しておりました。
グリップ上部の縦長で小ぶりな液晶パネルは、ワタクシ的にはちょっと。。

2010.05.06Nikon06

実はケースから出して少し触らせていただいたのですが、
モックアップなのですが、ちゃんとバランサーが仕込んであって製品のような重みがありました。

そのほか、立ち話しながらいろんな事を教えていただきましたので、
纏めて記しておきたいと思います。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

・NikonとPorter(吉田カバン)のダブルネーム商品は設定価格が高いせいか最近の日本人はあまり買わないが、
銀座のショウルームなどには中国人(旅行者?)が押し寄せ、大人買いしていくのだそうだ。
あまりの売れ行きに、「お一人様何個まで」という個数制限をつけ始めたが、
それでもなお品薄状態が続いているのだそうだ。
そして彼らはちゃんと「Made in Japan」である事を確認してから買っていくのだとか。
デジカメの方にしても、Nikonタイランドや無錫製のものには興味を示さず、
やはりMade in Japanがよいのだそうです。(ということは仙台製のみ?)
中国人富裕者層の間には、まだMade in Japanブランドというものが生きているのですかね。

・自衛隊のP3C哨戒機のコクピットにはケーブルが来ており、
そこにはNikonD3が接続できるらしい。
これには他社製の高性能GPSユニットが取り付けられており、
緯度と経度だけではなく、方角や高度などの情報も画像情報に埋め込まれるようになっているらしい。
これにより対象物の大きさなどが画像判別からわかるらしい。

・Nikonのデジタル一眼レフカメラに搭載されている時計ユニットは、
時計ユニット自体に開発コストを多く割り当てることができず、
特にD1系の頃などは時計が結構大きく狂っていたのだそうだ。
一説によると、セイコー社製の、もう用なしになったような、
安い時計ユニットを譲り受け、搭載していた(る?)のだという。

・かつてF3が宇宙に行ったときには、素材や形状はもちろん、
重量についてもNASAから厳しい注文がつけられ、重すぎてもダメ、軽すぎてもダメ。
国内で計りにのせ計量したボディを何十台もアメリカに持ち込み、
ニューヨークにあるNASAの事務所内で再計量したのだが、
緯度も経度も気圧も湿度も温度も標高も国内での環境とは異なるため、
誤差が出まくって、OKが出たボディは僅かのみ。相当大変だったらしい。

by | Categories: インフォメーション | コメントは受け付けていません。